コレクション: Atelier BL119

Saint-EtienneのEsadの卒業生であるGrégoryBlainとHervéDixneufは、2007年に一緒に働き始め、Blain-Dixneuf Atelierを設立しました。それらのデザインは、常に形と機能の間の調和を求めて、複数の影響から生じます。定義された方法で動作しないため、プロジェクトは、何かの不足、素材のテスト、新しい用途、オブジェクトの再訪、別の方法でそれらを設計したいという欲求によって表示されます。 Atelier BL119のオブジェクトは、デタイルで解決策を見つけて、余分なものを除外しています。目標は、シンプルで正しい形で維持することです。それらの2つであることにより、彼らはそれぞれの視点を比較し、交換を学ぶことができ、特異で有用で驚くべきオブジェクトを作成するように彼らの思考を実用的に指示することができます。

彼らは2007年に「Bourse Agora」のファイナリストであり、2008年には、「Niche」を備えた装飾オブジェクトカテゴリでCinna「ConcoursRévélateurdeTalents」を獲得しました。 2009年にヴィラノイユで開催されたデザインパレードフェスティバルに選ばれましたが、今日では、Cinna-Ligne Roset、Muuto、Bernard Chauveau、ManganèseEditions、Ciav Meisenthal、Cristallerie Saint-Louis、Ciav Meisenthal、Cinna-Ligne Rosetなどのデザインメーカー向けの新しいプロジェクトの開発を続けています。等

1 製品