コレクション: setsu&shinobu ito

カップル、SetsuとShinobu Itoは、1997年にミラノにオフィスを設立しました。1964年に山口で生まれたSetsuは、1989年にTsukuba大学で設計と建築を卒業しました。 1966年に東京で生まれた忍は、1988年にタマアート大学でテキスタイルデザインを卒業しました。勉強を完了した後、Setsuはイタリアに移り、最初にアレッサンドロメンディーニ、次にアンジェロマンギアロッティと一緒に弟子入りしました。その同じ期間に、忍は、ソニークリエイティブプロダクトR&Dセンターで7年間働いた後、1996年にイタリアに移り、ミラノのドムスアカデミーでデザイン方向の修士号を取得し、コースチューターのセツツに会いました。

これは、彼らの専門的および個人的なパートナーシップの始まりを示しており、デザインから建築、パッケージング、電子機器まで、さまざまなスケールで激しい設計活動をもたらしました。彼らの作品は、正式な厳密さ、本質性、精神性を特徴とするオブジェクトとスペースに日本とイタリアの文化を組み合わせています。彼らのプロジェクトは、多数の本、雑誌、ウェブサイトに掲載されています。 「Setsu&Shinobu Ito East-West Designer」は、2008年にロゴによって公開されました。彼らは特に実り多いコラボレーションを実施しました。ヒネリ大理石の花瓶とジョルゲッティのキリウォルナットバーキャビネット、ヒヒ、テーブル、テーブル、ベッド、アームチェアのさまざまな壁紙コレクションのデザインそして、DésiréeDivaniのPoufs。

カップルは、Young&Design Award(イタリア、1999)、グッドデザイン賞(日本、2001年)、The Toyama Product Design Award(日本、2001年)、ADI Design Index 2001、Selection(Italy(Italy)を含む名誉あるデザイン賞を受賞しました。 、2005)、The Compasso D'Oro(Italy、2011)、The Milano Design Award / Best Engagement(Italy、2016)、The Red Dot Award Best of the Best(ドイツ、シンガポール、2016年)、デザイン(ドイツ、2016年)、JPC Japan Package Design Award/化粧品賞(日本、2016年)、NY Now Best Product(USA、2017)、およびThe Good Design Awards(USA、2018)。彼らの作品は、ミラノにある「トリエンナーレデザイン博物館」とミュンヘンの「サムルンノイインターナショナルデザイン博物館」の恒久的なコレクションに展示されています。
SetsuとShinobu Itoは、ミラノのDomus Academy、Politecnico di Milano、VeniceのIuav University、Ied Istituto Europeo Di Design、および日本のTsukuba大学など、重要なデザインスクールの教授を訪問しています。彼らは、東京大学の高等科学技術研究センターの仲間であり訪問研究者であり、2002年に教育活動のために「Premio Targa Rodolfo Bonetto」を授与されました。 SetsuとShinobu Itoは、Adi- Associazione disegno Industriale(イタリア)、JAFCA-日本ファッションカラー協会(日本)、APDF-アジア太平洋設計者連盟(中国)、IDA-国際フォーラムデザイン賞(IDA -International Forum Design Awardのメンバーです。ドイツ)およびIAIデザイン賞(中国)ju審。

0 製品

製品は見つかりません
より少ないフィルターを使用するか すべて削除する