コレクション: マルティーノガンパー

Martino Gamper(b。1971、メラノ、イタリア)はロンドンに住んで働いています。メラーノの家具メーカーと一緒に見習いとして始まったガンパーは、ウィーンの美術アカデミーのミケランジェロピストレットの下で彫刻を勉強し続けました。彼は2000年にロンドンのロイヤルカレッジオブアートで修士号を取得し、そこでロンアラドの下で勉強しました。デザインとアートの会場を横切って働いているMartino Gamperは、展示デザイン、インテリアデザイン、1回限りの委員会、国際家具業界の最先端向けの大量生産製品のデザインなど、さまざまなプロジェクトに参加しています。

ガンパーは彼の作品とプロジェクトを国際的に発表しました。選ばれた展示会や委員会には、「ミドルチェア」、グラスゴー(2017)のポロックハウスの現代研究所が含まれます。 「階段の下」、ジョン・ソアン博物館、ロンドン、英国(2016); 「100日間で100椅子」、ミモカ、マルガメ、日本(2015); 「デザインは心の状態です」、ロンドン(2014)、蛇紋岩のサックラーギャラリー。 「時代の部屋」、パレ・デ・トーキオ、パリ。 ’Tu Casa、Mi Casa’、The Modern Institute、Glasgow(2013); 「ベンチイヤー」、ロンドンデザインフェスティバル委員会、V&A博物館、ロンドン(2012); 'GESAMTKUNSTHANDWERK ’(Karl Fritsch、Martino Gamper、Francis Upritchard)、Govett-Brewster Art Gallery、ニュープリマス - ニュージーランド(2011); CaféCharlottenborg、Kunsthal Charlottenborg、Copenhagen(2011)のプロジェクト(2011); 「ベンチトゥベンチ」、LTGDCとのコラボレーションでロンドン東部のパブリックストリート家具(2011)、「100日間で100椅子」、5クロムウェルプレイス、ロンドン(2007); In Art&Design」、Centerd�ArtContemporain、Genève(2007)。

ガンパーは、2011年のモロソコンテンポラリーアート賞を受賞し、2008年のブリット保険デザインオブザイヤーの賞を受賞し、プロジェクト「100日間で100椅子」に対して家具賞を受賞しました。

0 製品

製品は見つかりません
より少ないフィルターを使用するか すべて削除する